薬指が長いと精力もすごい?

薬指

 

貴方の人差し指と薬指はどちらが長いですか?
薬指の方が長いという方はそれだけ精力が強い傾向にあるのです。

 

「またまた、そんな単純な事で分かりっこないでしょう」と思われるかもしれないのですが、これはイギリスの名門校である、ケンブリッジ大学の研究の結果、判明したことなのです。

 

人差し指に対する薬指の長さの割合は、胎児の時に母親の体内で浴びたテストステロンの量に関連するそうです。
多量のテストステロンを浴びると、この割合は大きくなるそうです。

 

>>>ゼファルリンの最安値情報

 

テストステロンは男性ホルモンの一種で、このホルモンが多い人の特徴として、男性的である、自信家、、積極性がある、攻撃性があるなどが挙げられます。
つまり、テストステロンの分泌が多い男性はそれだけ女性を惹きつける=モテるってことですね。
(最近は草食系男子の人気も急上昇してますが。)

 

一般的に男性は人差し指よりも薬指の方が長いそうです。
反対に女性は人差し指の方が長いそうです。

 

面白いことに、スポーツ選手、実業家、為替トレーダーなどで成功している人は、人差し指に対する薬指の長さの割合が大きいそうです。
そして非常に性欲旺盛で女好きと言われています。

 

まさに英雄色を好むですね。

 

女性でも薬指の方が長い人はいます。
こういった方は、大抵男勝りで気の強い女性であることが多いです。
もし将来を考えている女性がいるならば、こっそりと彼女の指の長さをチェックしてみると良いかもしれません。
今貴方の前でしおらしくしていても、将来かかあ天下になるかどうか分かりますので。

 

因みにテストステロンの量は半分程度は遺伝によって決まっているようですが、残りの半分は生活習慣や思考パターンで増減するそうですよ。

 

テストステロンの分泌を促進する要素として、筋肉トレーニング、適度なストレス、強い野望などがあげられます。
テストステロンの分泌を抑える要素としては、リラックスした生活、頭脳労働、無力感などがあげられます。
テストステロンの量が多いとメリットばかりあるように思えますが、ハゲやすいというデメリットもあるので要注意ですね。